過去・現在・未来の東温市へ
~人生40年間を振り返り今想うこと~

私が両親から生を受けて間もない頃はたった二人の先生でしたが、幼少の頃は遊びの先生、学童時の先生、通学途中に出会う地域の先生、お祭りやイベントの先生、社会人になってからは上司も先生でしたが、営業職の関係もありお客様先生にも恵まれました。起業してからは飛躍的に先生も増え、経営の事、地域の事、仲間作りの事、農業の事、人生の事など40年の間には皆様も含め多くの先生に出逢えた事、この場をおかり感謝申し上げます。

過去 今までの東温市
重信・川内町政から市政となり12年を迎え、例えるなら小学生が間もなく中学校に上がろうかという時期。市外の地域を真似(良いものをモデリング)し、基礎をしっかりと固めてきたといえるでしょう。
現在 今の東温市
例えば中学生ともなると、自ら考え柔軟なアイデアもどんどん溢れ出てくる頃だと思います。 これからの市政も、あえて既存のセオリー(理論・学説・慣例)に逆らってみるのもというのも一つの手法だと私は考えます。
逆らうとはいえ、型がないのに型破りをすることではありません。それではただの「型なし」になってしまいますよね。
市政においても基本的な福祉・医療・教育・安全・環境・経済などの「型」を元に、これからの時代に合った新たな思考を付け加えるべきだと考えます。
未来 これからの東温市
例えるなら義務教育も終了し、進学や就職、はたまた起業といった時期が市政にも必ず訪れると考えます。 前回の東京オリンピックの記憶がある方もいらっしゃるとは思いますが、当時高速道路の開通や新幹線の開業など、技術の進歩で大きく生活の環境も豊かなものに変わってきましたが、自然を失うといった代償を払ったことも事実です。
自然環境はかなり回復した今、再びオリンピックが数年後にも開催されます。 今後は、今まで人が行ってきた多くの事が自動化(無人化)され、働き方や生活環境も大きく変わってくることでしょう。過去のあやまちでもある、自然環境を破壊するような事はないと思いますが、環境の変化とスピードに対応できなかった者の行く末を想像すると恐ろしい気がします。
しかし!この変化を今まで育てて下さった皆様と一緒に対応し、まだ見ぬ子や孫の為にも時代を乗りこなし、地域を守る自身が私にはあります。
私「はるき」と一緒に『自然と共にNewシティーTOON』を目指そうではありませんか。